はたして実現するか?ゲイのポップスター”ジョージ・マイケル”の伝記映画

フレディ・マーキュリー『ボヘミアン・ラプソディ』エルトン・ジョン『ロケットマン』エルヴィス・プレスリー『エルヴィス』ホイットニー・ヒューストン『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』、大物ポップスターの伝記映画がぞくぞくと制作されるなか、ジョージ・マイケルの伝記映画制作の噂が流れてきた。

ポップスターの伝記映画がブームに

ジョージ・マイケル
アルバム「レディース・アンド・ジェントルマン…ザ・ベスト・オブ・ジョージ・マイケル」

2018年に公開して世界的に大ヒットしたクィーンとフレディ・マーキュリーを描いた『ボヘミアン・ラプソディ』が火をつけたポップスターの伝記映画ブーム。

以降、エルトン・ジョンの『ロケットマン』、エルヴィス・プレスリーの『エルヴィス』、ホイットニー・ヒューストンの『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』と続々と作られている。

そして今、「ワム!」からスタートしてソロ・ボーカリストとしても成功を収めたジョージ・マイケルの音楽伝記映画を制作するという噂が流れ始めた。

ジョージ・マイケル
ワム!(左)アンドリュー・リッジリー

フレディ・マーキュリー、エルトン・ジョンに続くゲイのポップスターであり、おとり捜査官に対してトイレでハッテン行為を働き公然わいせつ罪で逮捕されるなどスキャンダラスな面では2人を遥かにしのぐジョージ・マイケルの伝記映画が完成したら、大きな話題を呼ぶことは確実だろう。

※公然わいせつ罪で逮捕された後に、その状況をパロディとして描いた「Outside」のMV

ゲイの心を鷲掴みにするセクシーな魅力

ジョージ・マイケル役の最有力と噂されているのが、イギリス人の俳優テオ・ジェームズだ。

ジョージ・マイケル
テオ・ジェームズ (c) Twitter: @FilmUpdates

映画『ダイバージェント』シリーズで知っている人もいるかもしれないが、日本での知名度は現時点では高くない。しかし、米国ではHBOのドラマ『きみがぼくを見つけた日(The Time Traveler’s Wife)』と『ホワイト・ロータス シーズン2』で見せたセクシーな魅力でブレイク中だ。

ジョージ・マイケル
HBO『ホワイト・ロータス』シーズン2より

アイルランド人女優のルース・カーニーと結婚しておりノンケのジェームズだが、『ホワイト・ロータス シーズン2』では精力旺盛な金持ちの役で、男性的で均整が取れたセクシーな肉体を惜しげもなく披露して、多くのゲイをザワつかせた。

ジョージ・マイケル
HBO『ホワイト・ロータス』シーズン2より

『ホワイト・ロータス シーズン2』にはゲイのグループが登場しより直接的なゲイ表現も描かれるのだが、それ以上に旺盛な精力が鎮まらないジェームズが男の友人に対して「お前の中に入れたい」と囁く場面の方が印象に残るくらいゲイの心を掴んでしまう魅力の持ち主だ。

意味シン発言でゲイ心をざわつかせる

テオ・ジェームズは米国Bravo TVのトークショー『Watch What Happens Live with Andy Cohen』にゲスト出演し、MCのアンディ・コーヘンから「ジョージ・マイケルを演じることに興味はないか?」と尋ねられた。

その問いに対しジェームズは、ジョージ・マイケルとの間に少なくとも1つの共通点を持っていると考えているようで、こう返答した。

「そうだね、ぜひ演じたい。ジョージ・マイケルはギリシャ人っぽいし、僕もギリシャ人っぽいからね」

また、同番組の中の「ピロー・トーク」というコーナーで「自分を恋人として3つの言葉で表現するとしたら?」という質問に対して、ジェームズはこう答えた。

「ハングリーで、爆発的で、…流動的」

流動的(fluid/フルイド)とは、性的指向が流動的である「セクシュアル・フルイド」を意味しているのではないかと全米のゲイが色めきたち、ジョージ・マイケルを演じるのはテオ・ジェームズしかいないとSNSで大きな話題となった。

ジョージ・マイケルの権利を管理する”ジョージ・マイケルズ・エステート”は伝記映画制作の噂を否定しているが、はたして映画は実現するのか。そして多くのゲイが希望するテオ・ジェームズがジョージ・マイケルを演じることになるのか、今後も注視していかねばならない。

※参考記事:QUEERTY/Out

U-NEXT独占配信『ホワイト・ロータス』シーズン2

(冨田格)

★あわせて読みたい!
日本で何本見られるか?2023年世界の新作ゲイ映画・最速情報

コメントを残す