17歳のプロ・サッカー選手のカミングアウトが全英に与えた大きな衝撃

今年5月、プロ契約をしたばかりのイングランドのサッカー選手ジェイク・ダニエルズ(17歳)がゲイであるとカミングアウトしたことは、イギリスに大きな衝撃を与えた。そして、さまざまな方面から、祝福と応援のメッセージが届いた。

若きサッカー選手のカミングアウトが与えた影響の大きさを考える。

ジェイク・ダニエルズはどんな選手?

ジェイク・ダニエルズ
画像引用元:SKY SPORTS

2005年、イングランド北部のブラックプール近郊のビスパムで生まれた。

ダニエルズは、幼少期からサッカー選手として有望視されていた。2020年に「EDFL-チャンピオンシップ」に所属する「ブラックプールFC」のアンダー18のチームに引き抜かれ、その後、2020-21年のユースチームの最優秀選手となる。

そして、今年2月には「ブラックプールFC」とプロ契約を締結。

カミングアウトした時期は?

「ブラックプールFC」と契約してからわずか3カ月後、ダニエルズは公にカミングアウトすることを決意した。

5月に「スカイニュース」のインタビューに応じたダニエルズはこう語った

「今がその時だ。自分の話をする準備ができたと思う。本当の僕を知ってもらいたいんだ。自分がゲイだと知ったのは5、6歳の頃だったかな。だから、長い間、嘘をつきながら生きてきたんだ。

いつか年を取ったら彼女ができて、自分が変わって、うまくいくだろうと思っていたんだ。でも、歳をとると、自分が変わることはできないってことに気づいた。そううまくはいかないんだ」

30年前の過酷なカミングアウト

これにより、ダニエルズは、現在のイギリスのサッカーリーグで唯一、ゲイであることをカミングアウトした選手となった。彼より以前には、1990年にカミングアウトしたジャスティン・ファシャヌ選手しかいない。

ジェイク・ダニエルズ
ジャスティン・ファシャヌ. 画像引用元:BBC

カミングアウトしたファシャヌは、マスコミに追い回され、テラスではファンから罵声を浴びせられた。そして1998年、彼は自殺した。

このファシャヌの体験が、イギリスのサッカー選手にとってカミングアウトすることを思いとどまらせる理由になったたことは容易に想像できる。

押し寄せる祝福と応援の声

しかし、英国は大きく変わり、ダニエルズのカミングアウトには祝福と応援のメッセージの波が押し寄せた。

俳優のイアン・マッケランやエルトン・ジョン、そして当時のボリス・ジョンソン首相などの著名人が、「ジェイクの勇気に感謝する、カミングアウトするには大きな勇気が必要だっただろうし、あなたはピッチ内外の多くの人にインスピレーションを与えるだろう」とツイートした。

英国のサッカー協会の会長でもあるウィリアム王子は、「サッカーはすべての人のためのゲームであるべきだ。ジェイクがしたことは勇気のいることで、私たちの社会に存在しない障壁を取り除く一助となることを期待しています。彼がオープンに話すという決断をしたことで、他の人たちが同じことをする自信を持てるようになることを願っています」 と述べた。

サッカー界からもさまざまなメッセージが寄せられたが、その中にはダニエルズのカミングアウトを支援した「ブラックプールFC」のスタンスを称賛するものも少なくない。

サッカー界だけにとどまらず、ラグビーのイングランド代表チームのヘッドコーチであるエディー・ジョーンズは、ダニエルズを賞賛し、こう語った。

「ダニエルズの存在は、これまでゲイを公言する選手がサッカー同様に少なかったラグビーユニオンにインスピレーションを与えるだろう。ダニエルズは祝福されるべきだし、もし彼が同じような状況にあるラグビー選手を勇気づけることができたのならば、その選手も彼に多いに感謝することになる」

ダニエルズが他の選手に与えた影響

ダニエルズは、カミングアウトすることで多少の反発が起きることは予想していたが、それは気にならなかったという。

「もちろん、カミングアウトに対する反応があることは承知していますし、スタジアムやSNS上では、同性愛嫌悪の声もあるかもしれません。人々がターゲットにするのは簡単なことです。でも、彼らは僕のサッカーを見るためにお金を払っているわけだし、僕は自分の人生を生きていてそれでお金を稼いでいる。だから、好きなことを叫んでも、何も変わらないと思う」

ダニエルズの故郷であるブラックプールの人々は、彼を誇りに思ったようだ。ブラックプールのシンボルは、1894年に建てられたるブラックプールタワー。ダニエルズがカミングアウトした後、数日間タワーは虹色とオレンジ色の光で交互にライトアップされた。オレンジは「ブラックプールFC」の選手ジャージのオフィシャルカラーだ。

ダニエルズのカミングアウトは、他のサッカー選手にも影響を与え始めている。スコットランドの「ガラ・フェアディー・ローバーズFC」に所属するストライカーのザンダー・マレーは、9月にゲイであることをカミングアウトした。

マレーは、ダニエルズがカミングアウトするきっかけのひとつだと認めた。

英国のサッカー界、そしてスポーツ界を大きく変えるかもしれないダニエルズのカミングアウト。今後もダニエルズと、英国スポーツ界の動向に注目していく。

ジェイク・ダニエルズ
Instagram

※参考記事:QUEERTYSKY SPORTS

(冨田格)

★あわせて読みたい!
ドイツのプロアスリートがテレビで告白「私はゲイで、とても幸せです」

コメントを残す